Welcome to my Home!
Natural Wood Opening
Livingroom
Livingroom
Counter & Stools
Treasures corner

Healing Jungle - Room Decoration Project

​住める”HOUSE"から住みたい”HOME"へ

最初にこちらにお邪魔したのは、2017年1月。その半年程前にお引越しされたばかりの、真新しい内装のフラットです。

“そのまま住めるのが気に入って決めたけれど、インテリアをどうしていいのかわからなくて。。”というのがご相談でした。

創りたい雰囲気、ありますか?の問いに、“ジャングルみたいなお部屋”とのお答え。

住まい手の方は、ロンドンのシティで働かれるキャリアウーマン。

 

緑が多く、家に帰ると癒されるようなお部屋。

日々のストレスから癒され、心安らぐ。

明日へのエネルギーを養える。

 

さっそくジャングルのようなインテリアのリサーチを重ね、ムードとしてはこんなものになりました。

First I bothered you in January 2017. It is a flat newly decorated flat just moved around half a year ago.

In case

"I decided to live it as it is, but I do not know what to do with the interior .." It was consultation.

In case

Do you have the atmosphere you want to create? To the question of "a room like a jungle" answer.

The resident is a career woman who works in the City of London.

 

There are plenty of green and rooms that will be healed when you return home.

It is healed from daily stress, rest and relief.

Encourage energy for tomorrow.

 

As soon as I repeated the research of the interior like a jungle, it became this as a mood.

まずは作りたい空間のイメージを決め、それをコンセプトにして、そこから発展させて、家具や壁紙など具体的なアイテムを選んでいくんですよ。

と言っても、“作りたい空間のイメージ” を描く、のはなかなか簡単ではありません。

​わからないことを考え過ぎても、頭が痛くなってきます。

というわけで、土曜日の半日を頂いて、特別インテリアプライベートツアーを実施。予め選んでおいたショップ、ショールームをご一緒して、実際に見て、触れて、体感して頂きました。

 

そこで、だいたい欲しい家具の目安も付き、目指す空間のイメージが具体的になりました。

 

さて、レイアウトですが、こちらは独立キッチンのフラットでした。ただ壁面にかつてオープニングがあったと思われるような跡もありました。

構造の専門家(Structure Engineer)にみてもらうと構造壁。

全部を外すことはできませんが、思い切って壁面に開口部を作り、リビングと繋げることにしました。これにはカウンシルへの申請が必要なため、予定よりプロジェクト期間が延びましたが、結果的には空間全体が大きく変わりました。(写真は工事前の壁面。検討中のペイント色を塗り確認もしました。)

First, I decide the image of the space I want to make, I will develop it from the concept, choose specific items such as furniture and wallpaper.

In case

Even so, it is not easy to draw "the image of space you want to make".

In case

Even if you think too much about what you do not understand, my head hurts.

In case

So, I got half a day on Saturday and carried out a special interior private tour. Together with the preselected shops and showrooms, they actually touched, touched and experienced them.

 

Therefore, as a rule, the standard of the furniture that you want is attached, the image of the space aimed at becomes concrete.

 

 

Well, it's a layout, but this was flat in an independent kitchen. There was also a trace that seemed to be the opening once on the wall surface.

Structural walls as seen by the structural expert (Structure Engineer).

Although I can not remove all of them, I ventured to make an opening in the wall and decided to connect with the living room. This requires the application to the Council, so the project period has been extended from the schedule, but as a result the entire space changed significantly. (The picture is a wall before construction, I also painted and confirmed paint color under consideration.)

その間にもインテリアの計画は進みます。


 

さて、壁に作る開口部ですが、その部分をカウンターにすることにしました。テーブルまで入れると場所を取ってしまいます。奥行き大きめのカウンターを入れて、テーブルのように使えるようにしました。

 

その材質は。。。

 

ここは悩ましいところでしたが、ジャングルテーマに合わせて、イギリス北部の木こりさん?より無垢の1枚板を購入。それを4枚用意し、フレームのように囲むことになりました。

Meanwhile the interior plan will proceed.

In case

 

Well, it is an opening to make on the wall, but I decided to use that part as a counter. I will take up the place when I enter the table. I put a counter with a large depth so that I can use it like a table.

 

Its material is. . .

 

This place was a troubling place, but according to the jungle theme, the woodcutter in the northern part of England? Purchase a more solid single plate. We prepared 4 of them and decided to surround it like a frame.

Live Edgeという側面をそのまま生かしたのがポイントです。

 

メインの工事は、壁の穴あけです。

何しろフラット内の構造壁。穴を開けて、サポートを入れ、無垢の木の板で仕上げてもらい、それは見事な開口部になりました!

It is the point that made use of the aspect of Live Edge as it is.

In case

 

The main construction is the drilling of the wall.

Structural walls in the flat anyway. I opened a hole, added support, and finished with a solid wooden board, it became a splendid opening!

後は、壁紙に、ペイントに、家具に、ラグに、照明に・・・

 

工事は完成しても、それだけでは終わりではありません。

 

フィニシングタッチ、という最後の仕上げが必要です。

 

ガーデンセンターや、アンティークマーケットもご一緒して、グリーンや小物を揃えて行きました。

 

そして、出来上がったのが、ご覧頂いた空間です。

 

何より変わったのは、空気感です。

それまであったもの達も、より輝いて、嬉しそうに見えます。

 

こちらのお客様も、これを機にインテリアにご興味を持たれて楽しんでいらっしゃって、お呼ばれする度に素敵な雑貨が増えています。

 

家にいる時間が楽しくなって、長くなった。

 

お仕事でお忙しい生活はお変わりなくても、家にいる時間の“質”が変わったことと思います。

 

インテリアを変えることは、自分へのおもてなし。(その時の記事はこちら)

 

住める“HOUSE”を、住みたい “HOME”にする。

 

そのことの大切さと、素晴らしさを私自身も感じたプロジェクトでした。

After that, on wallpaper, in paint, furniture, rugs, lighting ...

 

Even if construction is completed, it alone is not the end.

 

Finishing touch, the final finishing is necessary.

 

We joined the garden center and the antique market together and went with green and small items together.

 

And, it is the space you have seen.

 

The most important thing is the sense of air.

Things that happened until then will shine more and looks happy.

 

Customers here also enjoyed being interested in the interior as a result of this, many nice miscellaneous goods are increasing every time they are invited.

 

The time I stayed at home became fun and longer.

 

I think that the "quality" of the time in the house has changed, even though the busy life at work is unchanged.

 

Changing the interior is a hospitality for me. (Click here for the article at that time)

 

Let's live "HOUSE", I want to live "HOME".

 

It was a project I felt about the importance of that and the splendor of myself.

Copyright© Yoko Saito 2020 All right reserved.