地球の裏側から住まいづくり11)内装選びのポイント


インテリアと言ったときに、話に上がりやすいのは、内装仕上げ材、家具、照明だったりします。

それらが目指すインテリアの方向性(コンセプト)に沿って見事に融合した時に、部屋の空気感は変わると私は思います。

今回は、こだわった部分を中心に内装選定のポイントをご紹介したいと思います。

まず、基本的なアイデアとしてあったのは ”自然素材” です。

家の中にいても自然が感じられるもの、が母の要望でした。



それもあり、今回のリノベーションでは、

元々ある古材を生かす、というのがテーマでもあります。

2階の天井裏にあった梁ををそのまま生かしてあります。

全体としては、木、土、火、水、紙、草 がポイントです。

木 :

フローリングはナラ材天然木で、敢えて節のあるものを選択。コーティングは柿渋エキス使用の天然塗料であるペルシモコート。今後のメンテナンス練習のために、私の帰国前夜に家族全員で夜な夜な塗装したのもいい思い出です。笑


その他、天井や造作には杉板を使用しました。柔らかい雰囲気で手触りも良いです。

土:

タイルは海外生活で見慣れていることもあり、今回多く取り入れた素材です。

キッチン、1階洗面所、2階ストーブ背面に使用。様々なタイルのショールームに足繁く通い、選び抜いたタイルたち。素敵なアクセントになっています。


1階洗面所のタイル



火:

当初より母が入れたいと言っていたペレットストーブ。

ペレットという木屑の固形燃料を使うストーブで、二酸化炭素の発生量が少ないそうです。

青梅のショールームまで家族で足を伸ばして、ストーブとペレット製造工場を見学したのがいい思い出です。

2階に上がるとすぐ目に入る場所にフォーカルポイントとして設置。

やはり火の揺らぎは、暖かく見ていても和みます。家の完成時には家族全員で点灯式?を行いました。


水:

水色は、母の好きな色です。今回初めて知りました。笑

キッチンは白いキャビネットにし、ブルーグレーを含むタイルで彩りを添えました。


ランダムなように見える3色ですが、ランダムな感じを意識的に作成。それが意外と難しい!笑

このように指定して、職人さんに貼ってもらいます。




その他の水色は、2階トイレの壁紙。この家唯一の輸入品(壁紙)を採用。



ドアの色もブルーに。

ドアがリビングから見えるので、トイレらしくない感じにしました。



紙:

寝室の壁に和紙壁紙を使いました。

左側の1面は、越前手漉き和紙で職人さん手作りです。京都の和紙来歩さんから取り寄せました。伝統素材ながら、新しい表情を見せてくれています。




草:

3畳程の畳コーナーに、熊本産い草の畳を使用。母の昔からの友人が近所で畳屋さんをしているのでそちらでお願いしました。

とてもいい香りがして、思わず寝転がりたくなります。


それと、照明については今回はダウンラインとが主になりましたが、ダイニングテーブルの上にペンダントライトが来るようになっています。(写真はまだダイニングテーブルが入る前ですが)


これは、敢えて長さを変えた多灯ペンダントにしました。

ダイニングテーブルはこの家のコミュニケーションの場所です。それぞれの個性を持つ家族が集まりここで生まれる楽しい時間。そのシンボルとしてこのペンダントを選びました。

元々の母の希望は、ジャングルのような、土間のある家でした。

都内狭小住宅では無理な要望です。

でも、ジャングルに、土間に何を求めているのかを考えました。

そのままを形にできなくても、そこから要素を汲み出すことで、真に叶えたい部分を取り入れることは可能だと思います。

自然素材は本物で、時と共に成熟し、味わいが増します。

特にイギリスに暮らす身として、それは日々感じることです。

日本では築40年の家は古く、建て替えの対象かもしれません。

でもイギリスでは、まだ新しい家の部類に入ります。普通に築数百年の家が使われているからです。

古い素材を活かすのもまた上手です。

新しい空間に見事に馴染ませて、古臭さなど微塵もなく新しい表情を見せてくれます。古材はreclaimed (リクレイムド)と言ってアンティークマーケットでもよく見かけますが、新品より高いです。時を重ねて得た味わいはお金で買えないので当然とも思いますが。

インテリアは、その空間の空気を変え、五感に響くものだと思います。

一つ一つ吟味したこだわりの素材を身に纏い、時を重ねていくこの家の成熟が楽しみです。


次の記事 (前の記事)



#地球の裏側から住まいづくり

Copyright© Yoko Saito 2019 All right reserved.