心機一転、特別なお正月を迎えて思うこと


2018年、明けましておめでとうございます!

お正月感の全くないロンドンでは、1月1日くらいは休みですが、2日からは普通に仕事が始まっています。

何だかしばらく前から2018年だったような気がしてしまいます。笑


両親のために、初めて写真年賀状をつくりました。入れば?と誘われましたが、さすがに辞退しました。笑

今年のお正月は特別な感じがしていました。ずーっと私の実家だった場所が年末を持って正式に移りました。

実は少し複雑な心境でした。ずっと実家だった場所がなくなる。もちろん新しい家はいいのですが。。

そんなお正月が来たら、どう思うんだろう、と構えていました。

早くに実家を離れて、自分は今まで大陸も国も変えていろんなところに住んで来たというのに。

私がどこに行っても、いつまでは私の実家はそこにあるはず、と勝手に思っていました。

自分の変化はさておきながら。

両親にとっても、70代になっての突然の転機で、それも少々気がかりではありました。

1月3日に今年初めて両親とスカイプしました。

ちょうど兄家族が来ていて、姪っ子甥っ子がにぎやかに走り回っていました。私の微妙な心境とは裏腹に、両親は至ってさわやかでした。

”心機一転” です。それで何だか吹っ切れました。これでよかったんだなぁ、と。

前回帰国時に実家に今まで残して来た、捨てられずにいたものを思い切って片付けてきました。

過去を懐かしむのはいいけれど、捕らわれても仕方ない。顔を上げてドアを開ければ、新しい世界がそこにあるはず。。そう、実際私は地球の裏側で暮らしているんです。

時が流れ、何が変わっても、変わらないことがある。

こうして皆が元気に前向きに新年を迎えられることが、何よりの幸せだと改めて思いました。

せっかくなら、追われるより追いかける時にしたい、と思った新年の幕開けです。

​余談ですが、”写真入り年賀状” と言えば、サンプルから見るに、結婚、出産、新居が多く、若い人(と言っても私と同年代)向けが多かったんですが、シニア向け写真年賀状もいいなぁ、と思いました。

さて、新鮮さの抜けないうちに、今年の抱負?を宣言してしまおうと思います。

夢は夢で終わらせないために。

今年は、意識することは2つ。

1つは、今までのご縁を深めて、さらに発展させて行くこと。

去年も、日本、ロンドン、その他の場所で多くのご縁に恵まれました。それらを大切に育み、さらに発展させたいと思います。日本とイギリスをつなぐことをしたいという夢は変わらず、そこに向かって少しずつ準備をしつつ進んでいきたいです。日本に行く際は、今までは慌ただしく”潜伏”滞在だったので、これからは多くの方に会ったり、日本再発見の旅に出たいと思います。

2つめは、イギリス生活の充実。

日本にばかり行っていたことで、ロンドン生活が少々虫食いになってしまったような。。それでも、仕事でもプライベートでも多くのご縁に恵まれたというのは本当に有難いことです。これからも長くなるイギリス生活。今年はもう少し腰を据えて、改めてイギリス生活を充実させたいと思います。またナショナルトラストや美術館もしっかり回りたいなぁ。(V&Aのメンバーシップになったので、たくさん行くぞ!)

それと、クリスマス、年末とホームパーティーにお呼ばれすることが多く、周りの方のおもてなしの上手さに感激するばかり。。私も少しずつでもそんなふうになりたいと、改めて思いました。

さて、今年の最後を笑顔で迎えられるように、千里の道も一歩から、少しずつ確実に進んでいきたいと思います。

どうかご指導の程、よろしくお願いいたします。

今年一年、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

齊藤 洋子

#暮らし

Copyright© Yoko Saito 2019 All right reserved.