インテリアワークショップ&ツアーを行いました!


先週、2つのインテリアイベントを行いました。今回はその様子をお知らせしたいと思います。


イベントの告知記事はこちら。

前々からリクエストが多く企画はしていたものの、その他インテリアデザインのお仕事との関係で予定が定まらず、気づけば学校の夏休み目前。。人が集まるかなぁと思いつつ募集したのですが、以前のイベントで連絡先を下さっていた方に先行でご案内を差し上げたら、あっという間に埋まってしまいました!嬉しい限りです。


ご参加の方々は駐在ご家族として、ロンドンにご滞在中の皆さま。

今は賃貸だけど、インテリアでイギリス生活をもっと楽しみたい!日本での住まいづくりに生かしたい!と、とても意欲的な方々です。私も皆様にお会いできるのがとても楽しみなイベントになりました。


まず最初は、ワークショップの様子から。少人数6名です。


最初にインテリアの考え方の説明を少しした後に、ワークショップに移ります。

好きなイメージ画像を選んで集めて、目指すインテリアのイメージを作ります。

素敵なインテリアづくりの第一歩は、まずはいろんなインテリアを知ること、そして好きなインテリアを見つけること。そうすると、作りたいインテリアの方向性がわかり、その実現に向けて考えていくことができるのです。

私が実際のプロジェクトでお客様と”どんなインテリアにしましょう”という話をするときも、同じことをします。

その場合は、私がその方の好きそうなものを予めピックアップしておき、それを見て頂きながら ”こんな感じ好きかも”と一緒に考えて行き、イメージを固めていくのです。

私が実際にインテリアデザインのお仕事でしていることをヒントにしたワークショップですが、ここでは参加者の方々に自分の好きなイメージを見て、選んで集めてもらいます。


皆さん真剣にちょきちょき。集めて、考えて。。。

実際にやってみると、いろんな疑問が湧いて来ます。”これとこれは合うのかな?”

お一人ずつを回ってアドバイスを差し上げたり、必要に応じて解説も入れました。

ワークショップの最後には、簡単な発表もして頂きました。何をテーマに、どのように考えて作ったかを言葉にすると、色々な気づきがあります。また他の方のアイデアからも学びになります。それぞれの方の思いや個性が表れた素敵な作品達が出来上がりました。

参加者のお一人、國行志保さんがご自身の素敵なブログでこのイベントのことを書いて下さいました。

まだロンドンにいらっしゃったばかりで、しかも足をお怪我されていらっしゃったのに、杖をついてお越し下さいました。

日本ではご自宅のサロンでお料理を教えていらっしゃるという國行さん、私よりはるかにイベント慣れしていらっしゃって、終わりに記念撮影までして下さいました。これからのロンドン生活が楽しくなりますように!


2つ目のイベントはショールームツアーです。

一般の方には知られていないプロ向けショールームへご案内しました。せっかくにロンドンにお住まいの皆様、まずはいろいろなインテリアアイテムやディスプレイを見て、触れて、感じて頂くのが目的です。

選んだ場所は、家具、ラグ、アンティークのオークションハウス、テーブルランプ、壁紙、ウィリアムモリスのファブリックまで。せっかくご案内するならイギリスらしいもの、そして「本物」でなくては!デザイナー視点で自信を持っておすすめできるブランドばかりです。

事前に数回の下見をし、いくつかのショールームへはアポイントも入れておきました。それぞれの場所で、解説も入れました。ディスプレイを元に、イギリスらしいインテリアのご紹介や、ディスプレイのコツ、ご自宅に取り入れやすいインテリアのポイント等々。。

途中の家具屋さん(IJL BROWN) では、デザイナーのDavidさんが彼が今手掛けているプロジェクトを紹介してくれました。ため息の出るようなロンドン郊外の別荘の改築の様子、イギリスならではのインテリアや、ビスポークアイテムのデザインのプロセスも見せて頂きました。


他にもそれぞれのショールームではスタッフの方からお話を頂戴しました。

ラグの工房での制作風景を見せてもらったり、、、


ソファのショールームではちょうど椅子の中身が見えるディスプレイがあったので、元アポストリーを習っていた私の経験談も踏まえて、お話しました。

ファブリックショールームではウィリアムモリスのファブリックを前に、去年の私のウィリアムモリスを巡る旅の話も入れました。私なりのショールーム活用方法やコーディネートのコツ、皆さんからの質問にお答えしたり、、、内容盛りだくさんのツアーです。


デザイナーの世界は何でも可能な”ビスポーク”が基本。ディスプレイは作品例です。細かいところまで注文して、自分好みの”世界にひとつ”を作れます。


最後の訪問先はここデザインセンター。プロ向けショールームのメッカ?です。

内容盛りだくさんで、途中急ぎ足のところもありましたが、終了後は皆さんでご一緒にランチ。

ついついインテリア話やイギリス話に花が咲き、話が尽きず。笑

ご参加された方からも、嬉しい声をたくさん頂戴しました。以下一部ご紹介します。

*普段自分だけでは行くことのできないショールームをたくさん見ることができました。

*いろいろなアイテム、こだわりのビスポークの世界を見れ、魅力的なインテリアの数々に惹かれました。

*その場での解説もあり、少人数なので質問もしやすく、楽しく見ることができました。

今回初めてのイベント企画ということもあり準備が大変でしたが、このイベントを通して多くの素敵な出会いに恵まれて、私にとっても素晴らしい経験になりました。ご参加頂いた皆様には心より感謝しております。

いろいろなリクエストも頂戴したので、今後も多方面の方とのコラボレーションも視野に入れて、楽しく役に立つインテリアのイベントを企画したいと思っています。

そして、インテリアを通して皆様のイギリス生活がもっと楽しくなるお手伝いができたら、とても嬉しく思います。



Copyright© Yoko Saito 2020 All right reserved.