RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey

妊婦、卒業します!



予定日の12月31日までもうすぐ。


いつ産気づくかわからないけれど、未だにその気配はありません。。

予定日には病院で薬で分娩を起こすそうです。

どうか無事に産まれてきますように。。



そして親になる私!



未だにピンと来ていません。。

違う生き物になるみたいなんですが。。なるのかな。。



不惑の40を過ぎて、同級生の中には20年前からしてる人だっているのに、

私は不思議な感覚で大丈夫かなぁ。


未だに信じられない気分です。





妊婦になるのは、長年の夢でした。

絶対に子供は欲しいと思っていて、それなりにそこに向かって生きてきたつもりでした。



でも手が届きそうで届かず、

ここ数年は不妊治療に挑むも上手くいかず、

夢が壊れていくような絶望的な時期を過ごしたこともありました。



私は今年の春に40歳になりました。


それまでに子供を持つのが目標でした。 でも、叶わずにバースデーを迎えてしまった時はかなり苦しく思いました。

でも、“40代は絶対パワフルな年代にするぞ!”、と開き直ったのでした。





そんな矢先に妊婦になった私。

“まさか自分が妊婦になるなんて?!” 




努力していたのに起こらないと思っていました。変な話です。


期待して叶わないとショックが大きいので、精神的な自己防衛でした。

諦める前に、”できることは全てして納得したい!“ と思っていたのでした。



ちょうど1年前の私はこんな状態。

とても苦しい時期ではありましたが、

その中で多くの方から頂いた温かい励ましが、深く心に染み入りました。




実は不妊について触れるのはかなり躊躇してしまいます。確かに個人的でデリケートな話です。


でも、苦しい気持ちをシェアできる人と話せた時、実は自分は孤独に悩んでいたと気づきました。状況は何も変わらなくても、それだけで気持ちはとても楽になりました。


だからベビちゃんが来てくれたなら、その時は私もその経験をシェアしよう、と思ったのでした。







さて最初の検診は、妊娠6週(2カ月)。

心音の確認が第一ステップ。




普通なら妊娠にも気づいていない時期かもしれません。


“ドクッドクッ”という機械を通して大きく聞こえる心音は立派でした。

体長は2.5㎜、米粒サイズ!(←家に帰って思わず測った笑)



こんなに小さいのにもう心臓が動いている~!!

自分に起こった思いがけないミラクルと、

生命の力強さに、とても感動したのでした。



あの人も、この人も、みんなここからスタートしているのね~!

と思うと、全てが愛おしく思えます。





妊婦にはなれましたが、次に来たのは喜びより、実は“不安”でした。


年齢的にも流産率は約30%。

いつ何があるかわからないし、

万が一の時の衝撃を考えたら、その方が怖かったのです。



その不安は安定期に入っても消えませんでした。

コロナで人に会うこともほぼないので、必要最低限の方以外には何も言わずに、何もないかのように過ごしていました。



でも、実家の母は私の妊娠初期から大喜び!

いろんな人に伝え回っていました。



実家の電話に私が出ると(かけてくるのはほぼ母の友人)、


“お嬢さん?!おめでとう~!!!”


とやたら母の友人からお祝いのお言葉を頂戴したのでした。





当時は安定期にも入る前で、止めてほしかったのですが。。




母の一言。

“その時はその時よ”




確かに。。その通りだと納得。






毎回の検診では、“残念ですが、、”と言われる覚悟で臨んでいました。


でも、すくすく育つ赤ちゃんは毎回元気な心音で、私の不安を吹き飛ばしてくれます。




“ママ、元気だから心配いらないよ~!!”と、言われているようです。



安定期もしばらく過ぎて、それでもまだ不安だった頃、ふと思いました。



”産むときだって、生まれてからだって、何が起こるかなんてわからない。


ずっとこうやって不安がってるなんて、

せっかく来てくれた赤ちゃんに失礼じゃないか?!”





それで、遅ればせながらマタニティフォトを撮ったきっかけで、妊娠8ヶ月で公表。

多くの方からお祝いコメント、温かいメッセージ等々を頂けて、とても嬉しかったです。






(私の妊娠を一番派手に喜んでくれた母との1枚。たわしのイヤリングを片方なくしたと騒ぎ、、いつもお騒がせな母。足元にも及びません。笑)





また数人の同年代の友人から、


“実は私も妊婦なんです!!”


という連絡ももらい、思いがけない身近なママ友達を発見!

貴重なコロナ渦中の出産仲間です。

そして、小さな子供のいる方々からも多くのアドバイスも頂けて、とても心強かったです!





妊娠8ヶ月後半、10月25日にロンドンに戻りました。

それまで夫がロンドンで留守を守ってくれていました。


間もなくして英国は1カ月のロックダウン。

それが終わるも、少しして再度事実上のロックダウン。



子供が生まれる前のおでかけや、友人と会ったり、という妊婦生活を楽しむどころか、ベビー用品の下見すらゆっくりできない状態。



家も引越しを考えていましたが、さすがに断念。

赤ちゃんを迎える前に、せめて家を少しでもよくしよう!と妊娠9カ月のお腹を抱えて片付けを重ねる日々。いい運動でした。笑



近いうちに引越はしたいので、お金はかけずにDIYでインテリア改善。

数年前に買ったままのミシンを取り出して、一から練習。

今までだってできたはずなのに、していなかった。



”赤ちゃん来るんだから!”と思うと、とにかくエネルギーが湧いてくるのが不思議です。



出産時に呼ぼうと思っていた母を呼ぶこともできず、妊娠中にオンライン以外で人に会うこともほぼない。

今までの生活からしたら、かなり寂しい。。




ですが、私はただ赤ちゃんがすくすく元気に育ってくれるだけで、充分ハッピーでした。

体長2.5㎜だったベビーは、今どのくらいのサイズなんだろう??




不妊治療を得た私は、妊娠を細胞から意識するようになっていました。

辛いことも多々ありましたが、今まで健康体そのもので、その幸運に特に感謝すらしていなかった私にとっては、いい経験になりました。



妊娠すること、胎児が無事に育つこと、実は全てがミラクルです。

そのことに日々驚き、感謝する毎日。

細胞から、米粒サイズになって、もうすぐ出てくる赤ちゃん。

これ以上のミラクルなんてこの世にないと思うのです。





赤ちゃんが希望をもたらしてくれました。


家族を含め多くの方から温かい励ましやサポートを頂けて、

ここまで来ることができました。



大切なものに気づくことのできた、

とても幸せな妊婦生活でした。


人生の一大イベントを控えて、感謝の気持ちでいっぱいです!



いつか子供に、こんな日々のことを語って伝えてあげたいと思います。


年末なので蛍の光が聞こえてきそうです。もうすぐ妊婦卒業します。

そして、新しい人生のチャレンジを楽しんでいきたいと思います!



皆様にとっても、2021年が素敵な年になりますように。




1/30

こんにちは!齊藤洋子です。

ロンドン在住のインテリアデザイナーです。

仕事、旅の思い出、海外生活の様子を綴っています。

趣味:

街歩き、お屋敷巡り、歴史探索、インテリア、アート、アンティーク、工芸品を見ること。 

座右の銘:

一期一会、温故知新、七転び八起き

Copyright© Yoko Saito 2020 All right reserved.