ロンドンのモダンなインテリアに日本のアンティークを融合させること、をコンセプトにデザインされたビスポークのウォールキャビネット。

シンプル、モダン、ミニマムな雰囲気を保ちつつ、昔ながらの日本の職人芸が光る欄間をフォーカルポイントに用い、日本から取り寄せたハンドルが和のエッセンスを添える。

新しいものと古いもの、日本とイギリスを融合させることで、同じ空間にある他のモダンとアンティーク両方の家具を繋ぎ、空間を一つにまとめる存在に仕上がりました。

​デザイン秘話はこちらのブログへ。

This wall unit is designed in a way that combines Japanese antiquity within the modern interior in London, United Kingdom. 

The idea was to connect the "East" with the "West", simultaneously uniting the old style with the new. In order to achieve this, an exquisite Japanese woodwork called "Ranma" was used within the modern wall unit. This traditional architectural part works well for both architectural styles, making the whole unit a focal point of the room.

 

The unit balances the British and the Japanese styles and contributes to the overall harmony of the interior.

Copyright© Yoko Saito 2020 All right reserved.