RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey

Andrew Martin アウトレットへ行く!


Andrew Martin(アンドリュー・マーティン)は、1978年にインテリアデザイナーのマーティン・ウォーラーが作ったイギリスのブランドです。家具、照明、アクセサリー、壁紙、ファブリックと幅広いコレクションを持っていて、そのスタイルは、”時と場所を超えたフュージョン”。


まるで旅をしているようなワクワク感がありつつも、落ち着いた雰囲気も醸し出したりしていて、、何とも不思議で楽しいブランドです。


メインのショールームはサウスケンジントンにあります。このエリアは素敵なインテリアショップ&ショールームチェックに欠かせないエリアです。ヴィクトリア&アルバートミュージアムも近いですしね。


アンドリュー・マーティン


さて、そんなアンドリュー・マーティンのアウトレットストアが何とうちの近所にあります。歩いて20分弱。ショップでの展示品やB級品を展示販売しているとのこと。掘り出し物あるかな??何だかアンティークマーケットに行くようでワクワクです!子供のお散歩兼ねて訪ねてみました。





まるで倉庫という感じ。というより倉庫なのでしょう。

アンドリュー・マーティン アウトレット


入るやいなや、、


こちらの方がお出迎え。笑

ンドリュー・マーティン アウトレット

草履が脱げてます。。。




中はとても広くて、所狭しとアイテムが並んでます。

アンドリュー・マーティン アウトレット ロンドン

バギーで行ってしまったことに後悔しつつ、行けるところまで行ってみることに。





素敵なイスを発見!鋲やパイピングがいいアクセント。

状態もとても良くて、まるで新品みたいです。

このブランドはサイズが全体的に大きめですが、落ち着きがありながらもユニークなところが魅力。

アンドリュー・マーティン アウトレット ロンドン




先の写真で気になった方もいるかもしれませんね。

こんな象さん、、どんなインテリアに入るのかしら。。

アンドリュー・マーティン





アンドリュー・マーティン アウトレット

くまさんがいたけれど、子供には向かない感じです。笑







遠くから視線を感じて、、、

アンドリュー・マーティン アウトレット

カメラを向けるとしっかり顔認証しました。笑






ボート発見!

もはや売り物かわからないラグの上を進んで行きます。息子は大人しく熟睡中。

アンドリュー・マーティン アウトレット




ライトグレーのソファーに、個性的なクッション。

手前にはポニーもいます。乗れるのかな。

アンドリュー・マーティン アウトレット



アンドリュー・マーティン アウトレット

ヘッドボードもあります。こういう布張りのヘッドボード、柔らかさがあっていいですね。

どんな壁紙とコーディネートしようかな?と考えてしまいます。




ずらりと並ぶクッション。

キットケンプを始め、様々なデザイナーとコラボしたファブリックのクッションもありました。

アンドリュー・マーティン アウトレット




大人しく寝てるかと思いきや、実は起きていた息子。笑

そろそろ騒ぎそうなので、急がなくては。




アンドリュー・マーティン アウトレット

出口に向かう途中でみつけた小物たち。

最後まで目が離せません。



こんなところに赤ちゃん連れで来るなんて、、と最初は思ったものの、

子供連れの家族数組も来て、普通に家具を探していました。


小さい頃から個性豊かな(ここは特に)インテリアに触れられる環境、って素晴らしいですね。

ここに来たら、インテリアって楽しい!きっとそう思えるはず。



ご紹介したのはまずはグラウンドフロア(日本で言う1階)だけ。

上のフロアにはさらにたくさんあったけれど、息子がぐずり出したのでこの日は帰ることに。





倉庫が多く並ぶこのエリア。

すぐ裏手にファームがあります。

いろんな鳥や、ポニーや、羊など。

のどかに見えるけれど、ここは地下鉄で来られるZone3。シティーファームです。




Deen City Farm: https://www.deencityfarm.co.uk/




久しぶりのインテリアショップ探索に、やっぱりお店で見られるっていいな!と改めて思いました。


早くコロナが落ち着いて、以前のようにショールームやミュージアムに気軽に行ける日が来て欲しいですね。





#アンドリュー・マーティン #アンドリュー・マーティンアウトレット

#イギリスインテリア #ロンドンインテリア #海外インテリア

#子連れインテリア探索