RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey

1)東京でのインテリアの仕事を経て、海外留学へ 


最近、「インテリアデザイナーとしての今まで」を振り返ることがありました。

あるイベントで司会をさせて頂いたことがきっかけでしたが、それはインテリアコーディネータがどのように未経験から今に至ったかを紹介する、というものでした。

今年は私にとっても、妊娠したり人生の転機を迎えつつもあるので、今回はそんな私のインテリアデザイナーとしての今までを振り返って書いてみようと思います。



1)東京でのインテリアの仕事を経て、海外留学へ 

2)人生の価値観が変わったイギリスとカナダでの日々

3)イギリス新生活とインテリアの仕事

4)これからチャレンジしたいお仕事







1) 日本でのインテリアの仕事を経て、海外に行くまで


今でこそイギリス生活ですが、私の人生の最初の30年は日本で暮らしました。

子供の頃から何かを作ったり、部屋をあれこれ工夫するのは好きでした。

両親と兄も物作りが好きな一家で、何かをつくることに前向きな環境で育ったことは、今の私に大きく影響しているように思います。



でも、インテリアの仕事に興味を持ったのは社会人になってから。

一人暮らしをしたマンションがお気に入りで、“より居心地良く、快適に過ごせる場所にしたい!”と雑誌や本を探りながら、インテリアを工夫するようになったのが、今の私の原点でした。

そんな中で「インテリアコーディネーター」の資格を取り、住宅のインテリアコーディネートをする仕事に就いたのです。


当時の仕事は新築住宅の内装選定から、家具、照明、カーテンの提案、販売、納品まで。モデルルームのお仕事もありました。接客や現場に行くのも大好きで、納品した時のお客様の喜ぶ顔が見られるのは何よりの楽しみでした。

とても楽しく毎日が充実していましたが、そのうちあるジレンマが芽生えてきました。

何だか、「建築とインテリアが分かれているなぁ」と思ったのです。


当時の仕事は、間取りが決まった後の物件や建売の物件のコーディネートが多く、

すでに出来上がった間取りの中でお客様の夢を実現させるのが厳しいことが多々あったのです。



例えば、お客様はご新居に夢を膨らませて、大きなL字のソファを置いて家族全員で寛ぎたい!とか大きなダイニングテーブルを置いてホームパーティーをしたい!というご要望をお持ちだったとします。それなのに空間がそのサイズではない。全体的なスペースは決して狭いわけでもないのに。。もっと「間取りやもから考えられたなぁ」と思ったのです。


それと共に、昔から思っていた外国への興味というものもありました。

世界を見たい、暮らしてみたいというのは学生時代からの夢でしたが、母から危険だからと反対されたり、私にとっては高いハードルでした。でも働き出してからもその夢を忘れることはできず、ずっと気になっていました。



諦められないことを心にひっかけているよりも、実行しよう!と心の中で決めて、働きながら貯金をしつつ英語学習も含めて準備をしました。


行く前は「行けば満足する」と思いましたが、結果的にはここがスタート時点になってしまったと、今は思います。




続き 2)人生の価値観が変わったイギリスとカナダでの日々




#インテリアの仕事 #インテリアコーディネーター #インテリアコーディネーター試験 #新築住宅 #新築住宅インテリアコーディネート #家具販売 #カーテン提案 #モデルルーム #世界を見たい #海外留学 #20代

こんにちは!齊藤洋子です。

ロンドン在住のインテリアデザイナーです。

仕事、旅の思い出、海外生活の様子を綴っています。

趣味:

街歩き、お屋敷巡り、歴史探索、インテリア、アート、アンティーク、工芸品を見ること。 

座右の銘:

一期一会、温故知新、七転び八起き

Copyright© Yoko Saito 2020 All right reserved.